三反園訓(みたぞのさとし)が出馬を鹿児島知事選にした理由は?

テレビ朝日のコメンテーター、三反園訓(みたぞのさとし)が、鹿児島知事選への出馬を決めましたね。

Sponsored Link

 

三反園訓(みたぞのさとし)は、現在57歳。
今まではテレビ朝日で、コメンテーター(解説委員)でした。

なぜ三反園訓が鹿児島知事選に出馬したのかというと、
三反園訓の出身は、鹿児島県指宿市(いぶすきし)だからですね。

三反園訓からしてみれば、ふるさとの鹿児島知事選なので、出馬を決めたと言うことです。

Sponsored Link

他にも、「鹿児島は閉塞感があって自信を失っているから、みんなと一緒に新しい鹿児島を作りたい」ということです。
でも、コメンテーターが、鹿児島知事をするとなると、ちょっと敷居が高いように思えます。

 

三反園訓自身、スポーツには詳しいんですよ。
以前は、相撲関連の記者をやっていた時期がありました。
ただ、そこと鹿児島知事は結びつかないですよね。

ひとつの県をまとめるのは、相当大変なんじゃないかなと思います。
どうなんでしょう?また時期尚早のような気もしますけどね。

 

ただ、チャレンジして、本当に鹿児島を変えていけるなら、それはそれでいいと思いますが、
実際に鹿児島に住んでいる人にとっては、ちょっと頼りなく思う事もあるかも知れないですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。