白身魚のフライの正体とは?何の種類が使われているの?

よくお弁当なんかにも「白身魚のフライ」って入ってますよね。
クセのない魚で、食べやすいのも人気の秘密なのではないでしょうか。
ソースでも美味しいし、タルタルソースなんかでも美味しいですよね。

Sponsored Link

 

この白身魚なのですが、意外と知らない事って、
白身魚のフライの正体って?何の魚が使われているの?という点ではないでしょうか。

 

白身魚の正体は?

白身魚はフライで使われる事が多いですし、マクドナルドの「フィレオフィッシュ」にも使われています。
身が白い魚というだけで、魚の種類までは書いていません。
冷凍の白身魚のフライとかでも、原材料などが書いてある欄には「白身魚」と書かれている事が多いです。

この白身魚ですが、使われている魚の種類は1つではなく、
複数の、いろいろな魚が使われているのが一般的です。

種類でいうと、

・スケソウダラ

・タラ

・スズキ

・ホキ

・メルルーサ

・オヒョウ

・アメリカンキャットフィッシュ

・ブルーホワイティング

・ナイルパーチ

 

という魚が使われています。
日本では、タラとかスズキが馴染みのある魚ですよね。

ただ、コスト面ではタラなどはあまり使われていません。
タラなら有名なので、使われるなら「タラのフライ」で、話は通りますからね。

話は逸れますが、タラコ(明太子)は「スケソウダラ」の卵巣を加工したものです。
タラコのお母さんも、白身魚に使われている可能性があるんですよね。

Sponsored Link

 

白身魚でいちばんよく使われているのが、
「ホキ」と「スケソウダラ」ですね。
ホキはお弁当チェーン店の「ほっともっと」で、スケソウダラはマクドナルドの「フィレオフィッシュ」で使われています。

他にも冷凍の白身魚などがありますが、こちらはメーカーによって、何の魚が使われているのかが変わります。
恐らくは先ほど挙げた魚の種類のどれかだと思います。

まあ、馴染みのない魚も多いと思いますが、白身魚は美味しいですよね。
お弁当でもよく乗っかってますし、有名なチェーン店のお弁当でも、スーパーのお弁当でも、白身魚のフライが使われている頻度はなかなか高いと思います。
味にクセがないので、お子様から大人まで好きな人は多いですし、そういったところが人気に繋がっているのかも知れないですね。

・・・だんだんと、白身魚のフライが食べたくなってきました笑

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。