晩冬とはいつの時期?意味は?

冬も終わりに近づいて来ると、ニュースなどで「晩冬」という言葉が
出てくる事がありますよね。

Sponsored Link

 

この晩冬ですが、冬だと聞く機会が多い言葉なのに、
いつの時期を示す言葉なのか?どんな意味なのか?って、
意外とわからないんですよね。

そこで、晩冬という言葉について、詳しく書いて行きたいと思います。

 

晩冬とはいつの時期?意味は?

晩冬なんですが、ニュースだったり新聞などで出てくる時期は、
だいたい冬の終わりの時期なんですよね。
つまり晩冬とは、2月から3月にかけての時期なんです。

正確に言うと、晩冬とは「冬が終わる時期」の事を指しますので、
晩冬とはおもに「2月下旬から3月上旬頃」になります。

2月中旬あたりはまだ冬ですし、3月の下旬あたりになると、
季節としては春ですよね。

なので、2月の中旬前後から、晩冬という言葉が使い出されて、
3月の上旬あたりまで、使われる事になりますね。

Sponsored Link

 

晩冬の意味とは「冬の終わり」という事ですが、
最近だと、4月に入っても寒い時ってあるんですよね^^;

まあ簡単にいうと、季節によって気温などは関係なく、
2月中旬あたりになると、どんな気温でも晩冬と言われますし、
3月の上旬だと、暖かくても晩冬と言われる事になります。
気温ではなく、時期によって晩冬と呼ばれるという
解釈でいいのではないかと思います。

 

また、晩冬という言葉を使っている単語で、
「晩冬の候」という単語があります。

晩冬の候の読み方なのですが、「ばんとうのそうろう」ではなく、
「ばんとうのこう」と読むのが正しいですね。

晩冬の候は、俳句などで使われる事があります。
そうなると、季語としてはどの季節なんだろう?って、
疑問になっちゃいますよね。

「晩冬の候」は、冬という漢字が使われていますので、
季語としては冬の季語のような気がしますよね。
でも、使う時期は春とも重なります。

「晩冬の候」は、冬の終わりに時期という意味で、
正確にはまだ冬の時点で使う言葉なんですよね。
なので、晩冬の候の季語としては、冬が正しいようです。

ただ、手紙で晩冬の候を使う時はちょっと変わります。
「晩冬の候にさしかかり・・・」というような書き方の場合、
まだ季節は冬ですよね。

ですが「晩冬の候も過ぎ・・・」という書き方をした場合は、
冬が終わって春が来たという解釈です。
なので手紙を書く時は、手紙を出す時期によって、
わずかに解釈が変わって来るんですよね。

まあ、晩冬の候という言葉の意味を「冬の終わりの時期」と
覚えておけば、困る事もないのではないかと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。